FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多事争論

失敗学の提唱者・畑村洋太郎さんが新聞で、日本人の原発のあり方に対する姿勢が「黙る」「考えない」「思い込む」のどれかに陥っていると述べていました。

反対派は電力需要の安定に気を配れなくなっているし、維持派は「安全基準さえあれば再稼働できる」と過信していると。

これでは真っ正面からの対話は成り立ちません。

ビジネスに対話の方法論を持ち込み、組織の「明日の準備」を支援している立場からも、同様の傾向=「黙る」「考えない」「思い込む」を感じます。

企業で言えば、ミドルよりもシニア層によりその傾向が強いです。

「思い込み」を解きほぐし、「考え(ざるを得)ない」状況をつくり出し、「黙る」ことの無益さを理解いただくことにどれだけ貢献できるか、プロとしての力量が問われていると自覚しています。

僕の尊敬する筑紫哲也さんがニュース23で毎日訴えていた「多事争論」を、もっともっと自分の関わるところから実現していきます。

おかげさまで、今年は充実した「明日」につながるし仕事ができました!
来年は年男の巳ですし、跳ぶヘビになりたいです(^○^)/
よいお年をお迎えください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。