FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南山大学の学生との対話より

12月に、お世話になっている南山大学・心理人間学科の中村先生のゼミで講義させてもらう機会を得ました。

テーマは「明日備(あそび)」論です。『企業と人材』に書いた記事を事前に読んできてもらって、対話形式で進めたのですが、彼らには未体験のビジネスのネタであるにもかかわらず、質問やコメントのレベルの高さにびっくりしました。

ゼミの後も、個別にメールでやりとりをしているのですが、ある学生と、組織開発においてプロセスデザイナーとしてクリエイティブな仕事をするための一つのヒントとして、良質なアートに触れることではないかと伝えたところ・・・

「組織の文化やプロセスなどの暗黙知を言語化することは、芸術表現をすることと、どことなく似ているなあと感じています。」と返事をもらいました。

たしかに、暗黙知の言語化には、ロジックだけでは説明し得ない要素が多く含まれているように思います。その関係性を言語化してみたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。