FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際教養大卒業生を本当に活かせますか?

昨日の日経朝刊に、日本を代表する大企業の人事トップが「人材育成の取組みで注目する大学」アンケートで秋田県の公立大学・国際教養大が圧倒的なトップとして取り上げられていました。

ここのところ、あまり本質的でないグローバル人材論が流行中のようです。この「ファッション」に乗って、すべての授業を英語で行い、海外留学を義務づけ、国内の寮で外国人留学生と共同生活させる国際教養大に大注目!といったところではないでしょうか。

たしかに、この大学を出る学生は、おそらく自立心や向学心が高く、世界に目が向き、しっかり自分を主張できるような人が多いことでしょう。

しかし、日本を代表する大企業(私の出身会社もアンケートに入ってましたが)で、このような人材を本当に活用できるでしょうか?

新入社員研修までの活躍は間違いないでしょうが、その後、職場に配属された途端、自分たちの強みが発揮しにくい状況に直面しないか心配です。

「出る杭を打つ」職場文化は依然健在ですから。

国際教養大卒業生(ごめんなさい、イメージで語ってしまってますが)のような人材を存分に活かす上司への指南書を現在執筆中であります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。