FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズになりたいですか

先日、若くして亡くなったスティーブ・ジョブズの偉大な功績と生涯は、讃えても讃えきれません。世の中を動かすイノベーションを生み出し続けたのですから。

さて、一方で、書店には便乗したかのように、「スティーブだったらどう考えるか?」みたいな本が溢れてます。つまり、ジョブズさんの思考・行動パターンを彼のいろんなエピソードから分析して、こういうことが必要なんだと、ビジネス書にまとめた体裁ですね。

しかし、しかし。はっきり申し上げましょう。スティーブだったらどう考えるかをその本を参考にしながら考えて、凡人が導き出した結論とは、まったく異なる次元の解を出せるからスティーブ・ジョブズはスティーブ・ジョブズなんです。

前から言ってますが、一人のカリスマ経営者が天才的な直観や決断によって一点突破の解を出しそれがビジネスにすばらしい影響を与えてきたことは紛れもない事実です。しかし、天才は意図してつくり出せないから天才なんです。それを凡人が憧れて追いかけてもムダでしかありません。

カリスマ待望論のむなしさがそこにあります。

じゃあ、どうする?答えは簡単にはありません。が、凡人でもイノベーションは生み出すことができます。それを生み出す一つの方法論として、「ビジネスダイアローグ」を連載で論じました。

“真剣勝負の対話”―「ビジネスダイアローグ」とは何か?

試行錯誤は続きますが、凡人の凡人による凡人のためのイノベーション!を世に送り出したいなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。