記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を示唆する伝説の?パネルディスカッション

昨年10月末に「日本アーツビジネス学会」という組織を立ち上げました。3月にアーツマネジメントについての講座に参加したのがきっかけで、1970年代後半にNYから日本にアーツマネジメントを持ち帰って広めた先駆者のひとり小林白虎さん(芦屋大学特任教授 芸術文化センター長、作家)からお声がけいただきました。「学会つくりたいから、野口さん、事務局長として立上げよろしく!」みたいな感じでした。

学会なんて立上げたことはもちろんありませんが、まあおもしろそうという好奇心だけで引き受けて、半年後に設立総会と第1回大会を開きました。せっかくなので、僕の住むアートのまち藤野に各地から集まっていただき、県立藤野芸術の家で開催しました。地域のたくさんの方に応援していただきました。

そして、最近、この学会のホームページをつくりました。第1回大会の目玉として実施したパネルディスカッション『地域価値としてのアーツをどう育てていくか~藤野ふるさと芸術村構想から30年』がおもしろいものになったので、その内容を記事におこしてみましたのでご覧ください!
http://jsb-arts.moo.jp/wp-content/uploads/2016/03/★JSBAパネルディスカッションまとめ修正-1.pdf

いわゆるシェアリングエコノミー、分かち合う経済の未来像を示唆するようなコメントや文脈も出てきますよ。こういうのは知識としてよりも、体感するのが一番ですね。一度触れると二度と抜けられませんが(笑)。生きることの深みが格段に増したように僕には感じられます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。