記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「創発」の本を出版しました

このたび、僕の2冊目の著作となる『組織の未来をひらく創発ワークショップ~「ひらめき」を生むチーム 30の秘訣』を経団連出版より上梓しました。
http://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/public/book/index.php?mode=show&seq=388&fl=2

書店に並ぶ形ではなく、経団連加盟企業への直販が主で、あとは上記のサイトで購入するか、アマゾンでの販売になります(アマゾンの取扱いは10月から)。初版3000部です。じわじわと長く読んでいただけたらありがたいなと願っております。

日本の代表的な企業千数百社が加盟する経団連の有する事業サービス組織から、世に一石を投じる発信ができることに、胸が高鳴っています。どう考えても、これまでの典型的な日本人の働き方、組織運営のしかたでは創造的な未来は出現しないでしょう。そこに微力ながら斬り込みたい一心で、クライアントとの試行錯誤を下敷きにしたストーリーと論を書き上げました。

“大手町1丁目” (経団連の所在地)から「創発」を広げたいと、身分もわきまえず(笑)に意気込んでいます!

僕は、40歳を過ぎてから外資系企業における順風満帆であったキャリアを手放し、スコラ・コンサルトのプロセスデザイナーに転じました。残りの人生をかけてやりたいことがそこにありそうだと直感したからでした。

しかし、その正体がはっきりとはわからないまま、約10年間悪戦苦闘を繰り返してきましたが、今回、求めてきたもの=創発の世界観をやっと少し「言語化」できたのではないかと考えています。

執筆期間に一旦中断して、今年3月、スペイン・サンチアゴ巡礼の旅に赴き、約300キロの山道をひたすら歩きました。そこで50歳の誕生日を迎え、僕の天命はやはり“創発を生きる”ことだと気づきました。

渾身の自信作ではありますが、同時に、みなさまの忌憚のないご批評をいただけることを心待ちにしています。

#創発本カバーデザイン_表
スポンサーサイト

コメント

紹介しましたよ

  野口さん

昨夜、ブログで紹介しました。
http://blog.goo.ne.jp/h_isowa/e/3fdf8e5ce78d7c9c67d87f9e4bfddba9
私にとってのこの本のキーワードは『達成感』でした。

Re: 紹介しましたよ

磯輪さん、ブログでご紹介いただきありがとうございました!
先週金曜日の戦略言語化ミーティングも、また「達成感」をチームISOWAで味わう
ためにとても大きな意味を持つ場でしたね。これからますますたのしみです。

> 昨夜、ブログで紹介しました。
> http://blog.goo.ne.jp/h_isowa/e/3fdf8e5ce78d7c9c67d87f9e4bfddba9
> 私にとってのこの本のキーワードは『達成感』でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。