FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「使いづらい部下」と「人材3.0」の意外なカンケイ⑦

ただ、いきなりそこまで飛躍するのは、現時点とのギャップが大きすぎるかもしれません。

拙著で取り上げた「使いづらい部下」というのは、破綻してしまった「人材2.0」と、これから求められるであろう「人材3.0」を埋める《現実的な解》をイメージした人材像でもあります。

7人に共通するのは以下のようなことができる人材だということです。
①仕事や組織のリアリティを、周囲の人たちとは違った視点で観る
②お客様や市場・社会に対してどのような価値提供をして、貢献するつもりなのかを考える
③どうなりたいかをカタチにするためにどんな強みを発揮すればいいのか特定できる


くどいようですが、彼らを理解するポイントは、まずその裏腹にあるちょっといただけない部分=「A面の見かけ」だけにとらわれず、「B面のココロ」があるかどうかを見極めることです。

●指示してもなかなか動かない       →仕事の意味や目的を考え続ける
●社内秩序を尊重しない           →お客様のために徹する
●決まり切ったことをやるのが嫌い     →自らの創造性で勝負する
●すぐ手を出してよく失敗する        →失敗を怖れず、即実行する
●派手好きで、目立ちたがる         →臆せずズバリ問題提起 する
●集団に合わせず 単独行動に走る    →プロとしての成果にこだわる
●過去のやり方を軽視する          →しがらみを断ち、変革を実行する

いつまでも青い鳥を探していてもしかたありません。身の回りに「人材3.0」の候補者がいないか、新たな目で発見することが大事だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野口 正明

Author:野口 正明
一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることがライフワーク。

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事の仕事を経験後、外資系企業HRマネジャーに転身。2006年より㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。

地域コミュニティでも創発を広げるため、自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)へ2013年末移住。特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ理事。日本アーツビジネス学会事務局長。

1965年福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。